CD

  • ¥ 1,944
  • CD [ROJI-001] 2015年7月3日発売 1,800円+税 ---推薦コメント--- 「うん、これは新しいし、いい音だと思う。セリフも当たり前のように入って違和感なし。不思議な前衛だな!」 坂田明(ジャズサックス奏者) 「集まれ、集まれ~とちんどんの紙芝居的な誘いかけに始まるこの音源たち。 郷愁感と遊び心が同居した演奏に、役者たちの立ち回りまでもが音になり聴こえてくる。とても価値あるプロダクションだ。」 ヒゴヒロシ(ミュージシャン・DJ / 渋さ知らズ etc.) ---------------------- ちんどん屋でありながらロック、ジャズ、即興演奏など、それぞれに異なるバックグラウンドを持つメンバーによって構成される“フリーちんどん・のまど舎”。 ライブハウスやイベントでの演奏をはじめ、街頭宣伝、慰問公演、ワークショップ、劇伴など、その活動は多岐にわたる。 本作には、2012年静岡県藤枝市大旅籠柏屋、2014年藤枝市内野本陣跡において行われた歌舞伎原作の演劇公演「現代版蔦紅葉宇都谷峠」のために制作された楽曲、全9曲を収録。 堀込美穂(アコーディオン)、渡辺康蔵(サックス・フルート)、紺野将敬(ちんどん太鼓)の3人が中心となり奏でる音世界は、古典的でありながら、同時にアバンギャルドでもある。歌舞伎原作であることから日本的であることを意識しながら、無国籍風ちんどん、フリージャズ、ナレーション入りの楽曲まで、意欲的で刺激的なサウンドが生み出された。

  • ¥ 2,160
  • CD [ROJI-002] 2,000円+税 何気ない暮らしに埋もれる「音楽」を掬いあげよう。 日常編集家・アサダワタルが織りなす、歌とサウンドスケイプが渾然一体となったコンセプトアルバム。 ポストロックバンド「越後屋」や電子音響ユニット「SjQ」のドラマーとして、またソロ名義「大和川レコード」として、関西を中心に実験的な音楽・アートシーンで活動してきたアサダワタルによる10 年ぶりのソロアルバム。 美しくもどこかクセがある歌と、その歌を取り囲む日常生活のサウンドスケイプが渾然一体となったコンセプトワークは、新たなアシッドフォークのスタイルとして音楽の可能性を押し広げる。また、リズムに独特な揺らぎがあるドラマーならではのソングライティング、文筆家としても活動するゆえの言葉の選び取り方にも注目してほしい。 レコーディングエンジニアに、テニスコーツや三田村管打団?の録音で知られる西川文章を迎え、ナガオクミや中尾眞佐子(INDIAN NO ECHO SIGN BINE NO!)ら、関西在住の女性ボーカルたちとのコラボレーション曲も収録。ライナーノーツは、かえる目のリーダーとして知られ、『うたのしくみ』(ぴあ)など音楽関連の批評家としても知られる細馬宏通が執筆を担当。 また本作は、暮らしの中に潜む何気ない現象や人の振る舞いを「表現」という視点から丁寧に綴ったエッセイ集『表現のたね』(モ*クシュラ)と同時発売となる。書籍とCD アルバムという異なる作品がゆるやかに連動する希有な演出により、ジャンルを問わず多様なクリエイションに携わってきたアサダ独自の世界観を提示する。 ぜひ、彼の歌が織りなす景色=「歌景(かけい)」を、全感覚を研ぎ澄まして受け止めほしい。 ------- アサダワタル 1979 年大阪生まれ。ミュージシャン、作家。音楽と言葉を駆使して、何気ない暮らしに埋もれる「表現」 に光をあてる、自称 “日常編集家”。 2002 年、バンド「越後屋」のドラマーとしてくるり主宰レーベル NOISE McCARTNEY RECORDS より 2 枚の CD をリリース。2003 年以降、サウンドユニット「SjQ」(HEADZ/cubicmusic) のドラム担当と平行し て、ソロプロジェクト「大和川レコード」始動。70 年代アシッドフォークを彷彿とさせる弾き語りをベ ースに、サウンドスケイプの採集、カセットテープやテレビモニターを使用した実験的なライブパフォ ーマンスを展開。2005 年に自主レーベルより 1stCD『選び採取れた日常』をリリース。しかし、2008 年 に横浜 BankART1929 での単独公演後、積極的なソロ活動を中止。以降、全国各地で地域コミュニティに 関わるアートプロジェクトの企画演出や、小学校や福祉施設を舞台にした音楽ワークショップを実施す るなど、より日常生活に根ざした音楽活動に移行した。2010 年以降、これらの特異な経験を踏まえて「表 現と日常」をテーマにした一連の著作を発表。著書に『住み開き 家から始めるコミュニティ』(筑摩書 房)、『コミュニティ難民のススメ 表現と仕事のハザマにあること』(木楽舎)、『表現のたね』(モ *クシュラ)など。現在は、「アサダワタル」名義でのソロ活動を再開しつつ、「SjQ++」のドラマーと して音楽、メディアアート双方のシーンでライブパフォーマンスを行ない、2013 年にアルス・エレクト ロニカ、サウンドアート・デジタルミュージック部門の準グランプリを受賞した。